自動車の積載制限が緩和されました。

2022年6月9日

自動車に積載する荷物の大きさや積載方法について定めた道路交通法施行令「自動車の積載制限」が2022年5月13日に改正・施行されました。改正後の施工令では積載物の大きさ、積載方法の制限が緩和され、従来よりも大きな荷物を積載できるようになりました。

施行後はこうなる!積載物の大きさ制限

長さ
            

 自動車の長さにその長さの10分の2の長さに加えたものを超える場合

            
            

自動車の幅にその幅の10分の2の幅を加えたものを超える場合 

            
高さ
            

 3.8メートル(軽四および三輪自動車2.5メートル)からその自動車の積載場所の高さを減じた高さを超える場合

  

施行後はこうなる!積載方法の制限

前方
            

 自動車の車体の前後から自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出す場合

            
左右
            

自動車の車体の左右から自動車の幅の10分の1の幅を超えてはみ出す場合 

         

2022年5月13日施行の改正後は、車長、車幅の1.2倍までに緩和され、この範囲を越えなければ制限外積載許可の申請も必要ありません。