ETCカードのメリットは?

2022年8月31日

ETCカードは高速道路や有料道路の料金を支払う上でとても便利なシステムです。しかし、本当のメリットを理解していないと、受けられる割引を受けられない場合があります。そこでカードの特徴から管理、利用まで重要事項を整理いたします。

ETCコーポレートカードとは?

東/中/西日本高速道路株式会社が発行するETC専用カードです。このETCコーポレートカードは組合を通すか、直接NEXCOと契約することで発行できる法人向けのカードです。
利用の際は、①車両番号②カード番号③車載器管理番号の3つ全て一致することが条件になり、この条件をクリアすることでNEXCO管轄高速道路・首都高速・阪神高速の走行分に対して大口割引が適用されます。

ETCコーポレートカードの管理・利用上の注意

ETCコーポレートカードの最も重要な特徴は「法人名義の車両に対して、車番限定のETCカードとして発行」されることです。そのため、カードに登録されていない車両で利用する「車両不一致」走行に注意しなければなりません。車両不一致走行は割引対象外になるだけでなく、高速道路会社に履歴が累積されます。度重なる発生の場合、組合員様への割引停止だけでなく、当組合が発行する全てのカードが割引停止となる恐れがあります。ETCコーポレートカード利用明細書に赤文字で記載された走行が「車両不一致走行」となっております。

ETC法人カードとは?

組合発行のETC専用カードです。ETCコーポレートカードのように車両が限定されないためレンタカーでも利用できます。

ETC法人カードの管理・利用上の注意

ETC法人カードの特徴は利用の際に自由度が高い点です。車両を限定しないためレンタカーでも利用でき、一般レーンで手渡しでの利用も可能です。レンタカーやカーシェアリングを利用の際、車内にカードを置き忘れのないよう注意が必要です。

高速道路の利用上の注意/ETCレーン走行時の通過速度

高速道路は「20km/h以下に減速して進入すること」とETCシステム利用規程に定められています。速度超過は、開閉バーへの接触、先行車両への追突、料金所施設への衝突などの危険性を高めるばかりではなく、ETCを利用しない車両との接触事故を招く恐れがあり、自分自身だけでなく料金所を利用の全ての方へ多大なる影響を及ぼす大変危険な行為です。度重なる発生に対しては、道路会社から数ヶ月程度の割引停止措置が行使される場合があります。

高速道路の利用上の注意/過積載・車両制限令

高速道路建設に欠かせない高架橋は、車両重量などを考慮し強度を計算しています。そのため想定以上の荷重は高架橋にとって大変危険です。橋脚に対して大きな負担となり、一層の劣化につながるのです。そのため重量制限で違反した車両には「割引停止措置」などの罰則規定が実施されています。

ETCレーン走行時の課金エラーによる未精算

ETCレーンの開閉バーが開かず、未精算のまま突破する事例が多発しています。ETCレーンでのトラブルはひとつ間違えば大事故につながりますのでご注意ください。
未精算の場合でも以下の流れで各道路会社へ連絡し対応すれば問題ありません。
通行した道路会社へご自身で連絡し、通行料金の未精算について報告してください。これは組合が代行して対応できないことですので、お忘れのないようにお願いいたします。報告内容は次の通りです。通行した料金所通行した路線 通行日時車両番号カード番号期限 車種・車両の色カード利用者名(個人名・会社名)