圏央道・坂東PA、4月23日開業! 茨城県の休憩施設の不足改善へ

2024年3月28日

東日本高速道路(NEXCO東日本)は13日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)内回りの坂東パーキングエリア(PA、茨城県坂東市弓田)が4月23日正午に開業すると発表しました。圏央道の県内区間で課題となっている休憩施設の不足の改善につなげます。PA隣接地では市が飲食店やヘリポートなどを整備する予定で、高速道と一般道の両方から利用できる「ハイウェイ・オアシス」として期待されています。

施設概要

  • オープン日時

                

    令和6年4月23日(火)12時

  • 施設概要

                

  • 位置図

                
  • 施設の特徴

    省エネ+創エネによる環境への配慮~Nearly ZEB(ニアリーゼブ)~

    快適な室内環境を実現しながら省エネを実現する照明・換気設備等の導入や、太陽光パネルによ る再生可能エネルギーの導入により、Nearly ZEB(ニアリーゼブ)※を達成しています。

                

    地域の桜であるベニサシマなどによる地域らしさの演出

    駐車場から降りたお客さまの目に入るよう地域の桜であるベニサシマを配置し、運転疲労を緩和する 休憩スペースを創出します。

                

    お子様連れも安心の家族トイレ

    お子様連れのお客さまにも安心してご利用いただけるよう、ご家族でご利用いただける「家族トイレ」を 設置します。家族トイレはおむつ替えにもご利用いただけます。
    坂東市との連携により、郷土の英雄「平将門公」をモチーフとしたキャラクター「将門くん」を壁面に配置しました。

                

<参考:NEXCO東日本https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/kanto/2024/0313/00013578.html